国は石綿工場の労働者やその遺族の方々に対し、和解手続きによって賠償金を支払う方針を示しています。

訴訟までの流れ

  1. 弁護士と面談・聴き取り
    まずは担当の弁護士が面談して、ご相談をお受けします。 また弁護士の方でも、被害状況や就労状況など必要な事項を聴き取りします。 なお面談は、担当弁護士の事務所か、ご要望に応じてご自宅等で行います。 費用は無料です。
  2. 労災資料または、じん肺管理区分に関する資料の開示請求
    認定もしくは管理区分決定を行った労働局に対し資料の開示請求を行います。
    開示の請求書は弁護士が作成します。
    なお、労災申請の手続が必要な方については、適宜お手伝いいたします。
  3. 弁護団との委任契約・委任状
  4. 正式にご依頼される場合は、委任契約書と委任状の作成をお願いしております。
    ご依頼時にかかる費用としては、国家賠償の請求にかかる実費(訴状貼付の印紙代、裁判所に納める郵便切手代等)として1万円をお支払いいただきます。(詳しくは下記の弁護士費用をご覧ください)
    ※弁護士が資料を検討の上、国家賠償を受けられる見込みがないと判断した場合は、ご依頼をお受けできません。
    ※この場合に費用はかかりませんので、国家賠償が受けられるか心配されている方も安心してご相談ください。
  5. 国家賠償請求訴訟の提起・裁判上の和解
    弁護士が国に対する訴状を作成して提訴します。
    訴訟においては、国が求める要件(①責任期間内のばく露作業、②ばく露作業によって一定の健康被害を受けたこと)を立証する証拠を提出します。
    和解までの期間については、準備できる証拠がどのようなものであるかによって異なりますので、個別にご説明させていただきます。
    資料が十分に整っている場合は、2~3か月で和解が出来る場合もあります。
  6. 賠償金の受け取り・報酬金の精算
    国から受け取った賠償金の中から、報酬金として15%(消費税別)をいただきます。(詳しくは下記の弁護士費用をご覧ください)
    ※万が一、賠償が受けられなかった場合は、報酬金は発生いたしません。ただし、実費としていただいた1万円をお返しすることは出来ませんのでご了承ください。

賠償額一覧

被害内容 賠償上限額
じん肺管理区分2・合併症なし 550万円
じん肺管理区分2・合併症あり 700万円
じん肺管理区分3・合併症なし 800万円
じん肺管理区分3・合併症あり 950万円
じん肺管理区分4・肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚 1,150万円
石綿肺(じん肺管理区分2・3で合併症なし)による死亡 1,200万円
石綿(じん肺管理区分2・3で合併症あり又は管理4)、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚による死亡 1,300万円