国は石綿工場の労働者やその遺族の方々に対し、和解手続きによって賠償金を支払う方針を示しています。

原告団、弁護団、そして支援の労働組合等は、アスベスト被害の広がりを踏まえ、裁判によらない基金制度による被害救済制度の実現に向けて取り組みを強めているところです。

弁護団は、今後、教員のみならず当時の児童・生徒にも増え続けることが想定される学校アスベスト被害の救済の実現に向け、引き続き尽力する決意でおります。

本件訴訟の和解解決は、多くのアスベスト被害のごく一部についての和解に留まると考えており、今後とも全てのアスベスト被害の救済の実現に引き続き尽力する決意を固めているところであります。

昭和51年から平成25年まで,ゴムの精錬・配合を行う作業に従事していた方が悪性中皮腫により死亡したことを受け,その遺族が,就労先であったゴム精錬会社を相手に,損害賠償請求訴訟を行ったものです。

株式会社ノザワの元従業員Hさんの遺族の方から相談を受け、Hさんの石綿被害につきノザワに請求し、その結果、解決金を2000万円とする和解を交渉で成立させることができました。